会社設立・起業について

トップページ > 会社設立・起業について > 株式会社設立マニュアル

株式会社設立マニュアル

株式会社も平成18年の会社法により設立しやすくなりました。いままで、制限的にしか認められていなかった資本金1円での設立が株式会社でも認められました。さらに、今まで株式会社設立の壁といわれていた取締役の数も制限がなくなりました。これにより、1人で株式会社が設立することができるようになりました。以前の株式会社と今の株式会社を比較してみるとよくわかると思います。

旧株式会社と新株式会社との比較
 「旧」株式会社「新」株式会社
資本金1,000万円なし
機関取締役会必ず設置任意で設置
監査役必ず設置任意で設置
取締役の人数3人以上取締役会を置かない場合は1人以上、置く場合は3人以上
取締役・監査役の任期取締役 2年
監査役 4年
取締役 原則2年
監査役 原則4年
ただし定款で定めれば、最大10年まで延長可能
その他決算公告の義務ありあり
設立費用約1,024万円約24万円
設立期間約3〜4週間約1週間

上の表を見てもわかるとおり、株式会社は設立しやすくなりました。 しかし、ここで注意しなければいけないのは取締役会をおかず、取締役の任期を10年まで延ばす場合には、株式譲渡制限会社にする必要があることです。また、株式会社ですから取締役の任期は原則2年、決算公告が義務付けられています。このように、株式会社といっても様々なパターンの株式会社が作れるようになりました。

株式会社のパターンは39種類

39種類もあってはどんな株式会社を作っていいかわからないですね。この39種類とは新たに導入された会計参与なども含めたものです。会計参与を設置するのは大きな会社だと想定されます。当事務所では、中小企業に最適な株式会社の設立を提案していきます。

中小企業がとるべき株式会社のパターン

  • 1.取締役1名
  • 2.取締役2名以上 取締役会なし
  • 3.取締役2名以上と監査役 取締役会なし
  • 4.取締役3名以上と監査役 取締役会あり

この4つのパターンが当事務所がおすすめする株式会社のパターンです。もちろんこれ以外の株式会社の設立もサポートいたします。詳しくはコンサルティングでじっくり決めていきましょう。

株式会社設立手続きの流れ

面倒な会社設立手続きも当事務所にご依頼いただければこんなに簡単に終わってしまいます。特徴としては、会社設立する場合には必ずコンサルティングをしていることです。これは、他の事務所にはないものです。単に会社設立をして終わりでは無責任ですからね。しかも、せっかく専門家に依頼しているのだから、プロのコンサルティングは必ず受けるべきです。株式会社も39通りありますので、プロのコンサルティングは必要不可欠といえます。ご面倒でも必ずコンサルティングを受けてから株式会社を設立するようにしてください。事業内容によってはNPO法人の設立もご案内する場合もございます。手続きはいたって簡単です。

株式会社設立手続きの流れ

株式会社の設立状況についてはこちら

株式会社の設立手続きについてはこちら

お申し込み

会社設立のお申し込みは会社設立申込用紙にご記入の上、当事務所までお送りください。

会社設立申込用紙のダウンロードはこちらから(エクセルファイルサイズ23kb)

会社設立申し込み用紙にご記入いただいてFAXでお送りいただければ手続きが早く済みます。

FAX 020−4664−0552(24時間受付)

会社設立申込用紙を確認いたしましたら手続きに必要な費用・準備していただくものなどを指示した書類を郵送いたします。

ネットからのお申し込みは以下のフォームからどうぞ