会社設立・起業について

トップページ > 会社設立・起業について > 合同会社設立マニュアル

合同会社設立マニュアル

合同会社を設立する前に合同会社を理解する必要があります。合同会社を理解するには株式会社と比較していくとわかりやすいでしょう。

合同会社と株式会社の比較
 株式会社合同会社
最低資本金なしなし
機関取締役会任意で設置社員・業務執行社員・代表社員となる
監査役任意で設置
取締役の人数取締役会を置かない場合は1人以上、置く場合は3人以上社員1人で設立可能
取締役・監査役の任期取締役 原則2年
監査役 原則4年
ただし定款で定めれば、最大10年まで延長可能
役員の任期なし
その他決算公告の義務ありなし
設立費用約24万円約10万円
設立期間約3週間約1週間

以上のように合同会社は、株式会社よりずいぶん簡単な会社といえます。設立するにしても、設立の法定費用は約10万円、設立期間も約1週間です。株式会社の半分以下です。合同会社の悪い点は、新しい会社なので認知度が低いということと、株式を発行できないくらいではないでしょうか。認知度が低いというのは時間が解決してくれます。それより法人格を取得できるというのが大きいと思います。法人格がありますので社員はもちろん有限責任です。また、株式が発行できないので、大きい会社には向いていません。大きい会社といっても株式を上場している会社なら別ですが、株式を上場していない会社なら合同会社でも十分いけます。こんな便利な会社利用しない手はありません。でも、どうやって作ったらいいのという方が多いことでしょう。その場合は、ご遠慮なく当事務所に会社設立をご依頼ください。

合同会社設立手続きの流れ

面倒な会社設立手続きも当事務所にご依頼いただければこんなに簡単に終わってしまいます。特徴としましては、会社設立する場合には必ずコンサルティングをしていることです。これは、他の事務所にはないものです。単に会社設立をして終わりでは無責任ですからね。しかも、せっかく専門家に依頼しているのだから、プロのコンサルティングは必ず受けるべきです。また、株式会社も39通りありますので、株式会社設立をご提案する場合もございます。事業内容によってはNPO法人の設立もご案内する場合もございます。手続きはいたって簡単です。

合同会社設立手続きの流れ         

合同会社の設立状況についてはこちら

合同会社の設立手続きについてはこちら

お申し込み

会社設立のお申し込みは会社設立申込用紙にご記入の上、当事務所までお送りください。

会社設立申込用紙のダウンロードはこちらから(エクセルファイルサイズ23kb)

会社設立申し込み用紙にご記入いただいてFAXでお送りいただければ手続きが早く済みます。

FAX 020−4664−0552(24時間受付)

会社設立申込用紙を確認いたしましたら手続きに必要な費用・準備していただくものなどを指示した書類を郵送いたします。

ネットからのお申し込みは以下のフォームからどうぞ