会社設立・起業について

トップページ > 会社設立・起業について > 事業計画作成マニュアル

事業計画作成マニュアル

みなさん、事業計画のない起業は危険です。事業計画は、事業の命です。これをつくらずして、起業するのは目をつぶって走っているようなものです。わたしがよく使う例えとしては、

「事業計画のない起業は地図のない旅と同じだ」

です。これが一番よくあてはまります。事業計画は、金融機関からの融資に必要になることはもちろん、自分の事業が実現可能なのかということを明確にする意味でも大切なものです。

「事業計画は資金調達に必要不可欠」

やはり、事業計画を作成する動機で一番多いのが資金調達でしょう。金融機関からの資金調達にはきちんとした事業計画が必要です。しかも、金融機関の融資担当者を納得させる事業計画書が必要になります。金融機関でも、国民生活金融公庫は低金利で事業用資金を貸してくれるので、事業主にとって強い見方となります。

事業計画書作成の手順

動機はなんであれ、事業を始めるにあたって事業計画は必要なものです。事業を始めたいとおもったら、資金調達の必要がなくても事業計画書を作成しましょう。資金調達の必要があるかたは、金融機関の融資担当者を納得させられるような事業計画書を作成しましょう。でも、事業計画書なんてどうやってつくったらいいんだろう、という方が多いことでしょう。何もないところから事業計画書を作成するのは困難なものです。そこでそんな人のために事業計画書の作成の手順を図にしました。参考にしてください。

ステップ01 全体の構想・事業イメージ ステップ02 具体的な事業内容 ステップ03 創業時の資金計画 ステップ04 収支計画

どうですか、大まかな事業についての形ができあがりましたか。大まかな事業の形ができましたら今度はそれを事業計画書という形で書面にまとめてみましょう。ポイントは適切な「売り上げ予測」とバランスの取れた「収支計画」の作成です。