会社設立代行|会社設立手続き

お知らせ

    

訪問者へのご挨拶

行政書士五傳木

こんにちは、行政書士の五傳木(ごでんぎ)です。当ホームページをご覧いただきありがとうございます。このホームページをご覧になっている方の多くは会社設立をお考えの方が多いことと思います。しかし、会社設立は複雑な手続きを必要とするため素人がやることは容易ではありません。

また、平成18年の新会社法により、株式会社の設立形態も多様になり、株式会社以外でも合同会社という会社が設立できるようになりました。これらの複雑化した新会社法のもとで自分にあった会社を作るのは大変困難なものです。これらの複雑な会社設立手続きは専門家に依頼するのが賢明といえます。

そこで、このような複雑な会社設立手続きを専門でサポートしているのが当事務所です。ご依頼人の状況に応じた会社形態の提案から会社設立手続きまで安心してお任せください。さらに、会社設立後の許認可や事業用資金の融資申請のサポートも充実しておりますので気になることがありましたら遠慮なくご相談ください。

小さい会社をつくりたいなら、まずは合同会社

合同会社設立のメリット ・設立費が安い(法定費用6万円) ・役員の任期がない(株式は原則2年) ・決算広告の必要がない株式は必要

なぜ当事務所が合同会社に力をいれているかというと、設立しやすいのはもちろんですが、従来の有限会社の代わりとして使えるからです。

有限会社は日本で1番多い会社です。そして、会社法で1番有限会社に近いのは合同会社です。ですので、必然的にこれから日本で1番多い会社は合同会社になると思います。にもかかわらず、市販の本を読んでもどこにもそんなこと書いていないのです。

当事務所が、合同会社をオススメするのは様々な理由があります。

まず第一に設立費用が安い。株式会社は法定費用だけで約24万円かかります。それに対して、合同会社は法定費用が10万円で済みます。株式会社の半分以下です。無理して株式会社をつくる必要なんてないのです。それから、株式会社は役員の任期が原則2年です。最長10年まで伸ばせますが、いろいろ問題があるようです。それに対して、合同会社は役員の任期なんてありません。また、株式会社は決算公告をすることが義務付けられています。それに対して、合同会社は決算公告は義務付けられていません。

◆会社設立成功に必要なものはなんでしょう。

◆それはすでに成功した先人達に学ぶことです。

私は行政書士の登録をしてから10年以上たちます。

そして、平成18年の新会社法の施行以来いろいろな会社設立にかかわってきました。

そこで、成功する人はどのように会社設立もしくは事業を立ち上げてるのか興味を抱くようになりました。

中でも、成功しているといわれている起業家や実業家に成功のヒントがあるのではないかと思ました。

たとえば、


本田宗一郎(本田技研工業株式会社創業者)

1946年10月、浜松市に本田技術研究所設立。39歳の宗一郎は所長に就任。 1948年9月24日(赤口) 本田技研工業株式会社を浜松に設立。宗一郎、同社代表取締役就任。資本金100万、従業員20人でスタート。


ジャニー喜多川(ジャニーズ事務所社長)

最初のグループであるジャニーズを1962年4月に結成。最初は池袋西口にある芸能プロダクション「新芸能学院(現:名和プロダクション)」に籍を置いていたが、1962年6月にジャニーズ事務所を創業。1975年1月30日(赤口)になって正式に株式会社として法人登記される。


笠原健治(ミクシィ社長)

大阪府箕面市出身のソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)「mixi」を運営するミクシィの社長である。株式会社イー・マーキュリーを2000年(平成12年)10月25日(赤口)に設立。2006年2月1日に商号を株式会社イー・マーキュリーから株式会社ミクシィに変更する。


ここがポイント・・・

このような先人たちに共通するものは何でしょう?

もちろん全員チャレンジ精神が旺盛だったことはいうまでもありません。

ここで先人たちが会社を設立(もしくは創業)した日にちをみてください。

成功している人の会社設立日は赤口の日が多いので、実は会社設立には向いているのかもしれません。

確かに、企業というのは平日の昼間に動いているわけですし、正午がその日の要になっているのかもしれません。

赤口は実は隠れた会社設立にとって縁起のいい日取りなのかもしれません。

大安以外でも赤口の日に会社設立するというのも新しい成功パターンになるかもしれません。

大事な会社設立の第一歩は縁起のいい日にしたいものですね。

    

会社設立代行 | 会社設立手続き

土日祝日も対応いたします。直接担当者にご連絡ください。

担当者携帯 080-3391-6352 担当者五傳木(電話に出れない場合は折り返しご連絡します)

各地域での会社設立手続きのご案内